[PR] クレジットカード比較
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nullpo131


 最近は涼しい日が続いてるものの、それでも片道4km弱あるゲーセンまで行くのは億劫なのです。
そんな訳で、今年もやってまいりました日本の夏!BMSの夏!

「BOF III - THE BMS OF FIGHTERS 2006 -」

 今年は全部で100作品以上がエントリー、製作者によっては2作品を出展する方までも!
全体の1割もプレイしてませんが、個人的にビビッっと来た作品をいくつか。

「Maple Brit's」
Not Genre / yassu/小宮真央 / Midnight Driving
哀愁漂うサウンドがウリのヴォーカルソング、ジャンルだとJ-POPの位置付けになるのかな?
終盤の縦連打と、序盤の縦連打+バス打ちに気をつければ高得点狙えるかも。
歌詞の一つ一つの意味を考えさせられます。

「PSYCHEDELIA」
GOA TRANCE / Sman / Psychokinesis/Asylum
psychedelic / KO-KO / superbug
これぞ 「王道のPSYCHEDELIC」 を、魅せてくれた作品。
前者の出だしがメビウスっぽいと感じたのは私だけでいい(笑
後者のノリが個人的には好きだったりするのですが、何と言ってもBGAが綺麗で
曲とのバランス・雰囲気を崩さず纏まった感じ。

「TK RESPECT FIGHTERS」
J-EuroPop / 小宮真央 with Na+ / TAROS & 3rd Project / 海月こずえ Love's Rebirth '06
皆さんは 「Love's Rebirth(Truth Mix)」 をご存知だろうか?
数年前、TAROSさんと海月こずえさん、リミックスに3rd projectで、
製作されたBMSがあることを...

私はその作品の歌詞、音楽、歌声、画像、譜面、全てにおいて
BMS界の最高峰だと思い続けているのですが、会場内の作品を見ていて、
思わず目を疑ってしまった。


そこには 「Love's Rebirth」 の文字が...


是非、一人でも多くの人に聞いて欲しいと思います。
時代を超えたアレンジ、そこはかとなく原曲の雰囲気を残しつつも、
しっかりと自分の持つ特徴を取り入れ。
現在は活動されていない海月こずえさんに替わる、
小宮さんの歌声もバックミュージックとのバランスを崩す事も無く、
丁寧に作られていたので思わず感動の余りに聞き終えた時、
頬に一線を描いて涙を流していました。

贅沢言うと、原曲の哀愁さをもう少し取り入れて欲しかったと感じます。
あの一見、チープに感じる音源だからこそ、余計に哀愁を感じるんですよね。

やっぱりアレンジは原曲に勝らないということでしょうか。
仮にそうだとしても、今大会においての最高作品を仕上げて下さったnaotyu-さん、
小宮真央さんにに最大の敬意と拍手を送りたいです。

「The Constructor is existence like the atmosphere.」
rave / こんすとらくたぁ~ / ジュリアナ農協
時代はメイドだ何だって、言ってますが一昔前はボディコンだったのです。
そんな一昔前の時代にタイムスリップさせてくれる作品。
「Twlight Zone」 が好きな人にはオススメ。

「w e i s s - w i e - e i n」
Dream Trance / void / Alone
「DreamTrance」の中でも、激しい感じに仕上がった作品。
正しく幻想的に仕上がり、安定した作品だったと感じます。

 さて、明日じっくりとやり込みたいけれど、上尾モアイへダンスレッスンしに行くので
プレイ出来なさそう・・・。
ちなみに、暑いだろうけど午後から行こうと思いますー。

 この曲オススメだよーって曲がありましたら、是非とも教えて下さいなー|∀・)ノ

画像の一部にnaotyu-さんの作品を使用させて頂きました。
 不都合がありましたら、連絡をお願いします。
スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。